プレゼンで緊張して焦って早口になってしまう事ってありますよね?

早口になってしまうと、話が聞き取りにくい。

お客さんに、落ち着きがない人だな、頼りない人だな、といったマイナスの印象を持たれてしまう可能性もあります。

 

そして、早口は緊張感をさらに高めてしまう。

緊張して早口になり、早口が緊張を高め、また早口になるという悪循環。

 

私自身、プレゼンでものすごく早口になり、後から上司に「もっとゆっくりしゃべらなあかん」と指摘された事がありました。

その時は、まさに緊張と早口の悪循環に陥った状態で、ブレーキの壊れた車でアクセルを踏みっぱなしにしているような心境。

 

あなたが、あがり症なのであれば、意識的にゆっくり話すようにしてください。

とはいえ、「早口にならないよう、ゆっくりしゃべろう」と意識したところで、あまり変わらなかったり、逆にゆっくりになりすぎたりと、なかなか上手くいかない、というのが実際のところではないでしょうか。

 

この記事では、プレゼンで早口にならないための、具体的な練習方法をお伝えします。

 

是非、早口なプレゼンを卒業し、落ち着いて丁寧な話し方ができるようになってください。

 

トオル

プレゼン中、いま早口になっているなと気付いたら、いったんストップして、深呼吸してから「緊張して早口になっていました。ちょっとゆっくりしゃべりますね」というと、緊張が抜けてスピードもリセットできるのでオススメです。

 

プレゼンで緊張して早口になる理由は?

 

なぜ緊張すると早口になるのか、原因がわかっていれば対策も見えてくるもの。

少し考え方を変えるだけで改善される場合もありますので、是非あなた自身の内面を振り返ってみてください。

 

感情が高ぶっている

緊張すると感情が高ぶり自然と早口になってしまいます。

喧嘩するときに早口になるとの一緒で自然な反応なのですが、厄介なことに、なかなか自覚できません。

 

なので、あなたが緊張していて早口になっているという事実に気が付く必要があります。

そのためにおすすめなのは、あなたのプレゼンを録音しておく方法。

 

話すスピードが自分自身で感じているスピードと実際のスピードにどれくらいの差があるのか一目瞭然です。

 

話に熱が入りすぎている

緊張する時は、上手にやろう、成功させようという気持ちが強すぎる場合が多いので、情熱が入りすぎて早口になってしまうという事があります。

適度に情熱が入った方が良いプレゼンになるという面はありますが、早口になって聞き取れないようでは本末転倒。

冷静さを失わないように注意してください。

 

早く終わらせたい、この場から逃げたい

早く話したところで早く終わるという事はありませんが、ついつい急いでしまい、早口なってしまうという事があります。

むしろ、ゆっくり話してお客さんの理解が早いほうが早く終われるかもしれませんし、良い結果も期待できます。

 

緊張している事を悟られたくない

流暢にはなせば、緊張を悟られないだろう、普通に見えるだろうと考えると、必要以上に早口になってしまうことがあります。

そもそも、緊張しているこ事を悟られた方が得

 

緊張しているという事はそれだけ「真剣だ」と好意的にとらえてもらえる事の方が多い。

逆に、緊張せずに普段と変わらない様子や、仲間と雑談してヘラヘラ笑っていたら「緊張感がない=真剣ではない」と判断される場合もあります。

 

プレゼンで早口にならない為の練習方法

 

結論から言いますと、早口は「練習」で改善できます。

1対1で普通に会話する場合と、プレゼンやスピーチなど人前ではなす場合とでは話すスピードが一緒ではないといういう事には気が付いていますか?

 

話すときは、目の前の人のペースに合わせて話せば良いだけなので、目の前の相手がペースメーカーになってくれます。

しかし、プレゼンの場合は、あなた自身が、ペースを守って話す必要がある。

 

また、1対1で会話する場合は、こちらの話を相手が理解できていない場合、相手から聞き返してくれますが、プレゼンの場合はこちらから一方的に話す形になりますので、そもそも、相手が理解できるように話すことが重要になります。

つまり、ゆっくり間をおいて話す「間」とは、相手が話を理解するための時間ということ。

 

1対1の会話については毎日の事ですから普通にできいるでしょうが、だからといってその話し方のままだと、プレゼンで話すにあたってはNG。

だから、音楽のように何度も練習をしてリズムやテンポを体に覚えさせると、早口は改善できます。

 

それでは、練習方法をご紹介します。

実際にやってみると、意外と簡単だなと感じていただけることでしょう。

 

1. スピード感をつかむ

まず、目指すスピードですが、単純に遅くしようとして、遅くなりすぎてしまっては、変に仰々しくなってしまったり、スローモーションか?と思われてしまいます。

 

目安としては、あなたが普段している会話より少しだけゆっくり話そうと心がける速度。

意識して、ひと呼吸おいてゆっくりと相手に伝えるイメージで話しましょう。

 

2.「お手本」を見つける

あなたの知り合いでプレゼンが上手な人でも、牧師さんでも誰でも良いので上手な方の話をボイスレコーダーで録音してください。

プレゼンテーション企画の「TED」で日本人がプレゼンテーションしている動画がネットにアップされていますので、それをお手本にするのもアリ。あなたのお気に入りのプレゼンが見つけられれば練習が楽しくなりますよね。

 

 

トオル

ポイントは「速すぎず」「遅すぎず」身近な人をお手本にできれば、率直にコツ等を聞いてみるのも良いですね。

 

3. 練習する(シャドーイング)

お手本にしたい人のスピーチを聞きながら、1~2語遅れて同じように話す。

英語の発音練習として有名な方法ですが、影のようにぴったりとくっついていくことから、シャドーイングといいます。

 

はじめは戸惑うかもしれませんが、何回か繰り返すうちに、内容を覚えてピッタリ同じくらいに話せるようになってきます。

1~2分を1セットとして繰り返すと良いでしょう。

 

リズムとテンポが身に付いたら練習終了です。

 

トオル

個人差があると思いますが、私は10回くらいで、だいたい真似できるようになり、100回くらいでリズムとテンポが身に付きました。

 

 

ちなみに、今回の練習方法は

トレーニング開始から5分~60分程度で「あがり症」を改善!?行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症改善プログラム】

を参考にしています。

 

私自身、この教材のおかけで、あがり症を克服することができました。

この教材にはあがり症の症状を抑える即効性のある方法やメンタル強化、イメージトレーニングなど、あがり症を改善するための全てが詰まっています。

 

しかも、効果が出なかったら全額返金保証付き。

あがり症で悩んでいるなら、是非確認してみてください!

 

 

まとめ

 

プレゼンで緊張すると早口になってしまう事はよくあります。

早口でまくし立て、全員ついてこれずに、気が付けば独りぼっちなんて事態は避けたいもの。

 

今回ご紹介した早口を改善する練習をしっかりこなして、お客さんにとっても聞きやすい、ちょうど良いリズムとテンポを身に付けて下さい。

これからあがり症を克服し、人生、次のステージへ進むあなたに、この早口攻略法はきっとプラスになりますので、是非しっかり練習してください。

 

あなたのプレゼンが無事、大成功することをお祈りいたします。
★ランキングに参加しております。よろしければ、ポチッと応援お願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

人気ブログランキング